正しい花粉対策!

皆さん、

そろそろくしゃみが連発する時期にきていませんか? 私も重度の花粉症のため、この季節に「マスク!」はかかせません。。 鼻が詰まると、とにかく

 ・つらい  ・息ができない  ・集中できない  ・結果、やる気が失せてしまう・・・

と、よい事はあまりなく、これを防ぐために、とにかく、高品質、細粒度のマスクを使っていました。。 が、、、、興味深い記事をネットで見つけましたのでご紹介します。

<<<花粉に打ち勝つ! 最旬対策・予防法「マスクで対策」編>>






マスクはフィルター性能よりもフィット感&コスパで選ぶ! 最近のマスクの特徴といえば、フィルター性能の高さですが、「花粉はPM2.5などに比べて粒子が大きいので、フィルターの透過性はさほど重視しなくてもOKです。重要なのは、いかに顔の周りにすき間なく装着できるか。そのため、サイズ選びがポイントになります。また、つけたり外したりを何度も繰り返すと、マスクの内側部分に花粉がつきやすくなるので、安価なものを選んでこまめに取り替えるのもオススメです」。

【マスクのサイズの測り方】




1. 親指と人さし指でL字形を作る。

2. L字の状態で、耳のつけ根のいちばん高い所に親指の先を、鼻の上部のつけ根から1cm下に人さし指の先端を当てる。

3. 親指から人さし指の長さが、マスクのサイズの目安。

◆サイズの目安◆

9~11cm:子ども用サイズ 10.5~12.5cm: 小さめサイズ 12~14.5cm: 普通サイズ 14cm以上:大きめサイズ

こんな使い方はNG! マスクあるある 【マスクから鼻やあごが出ている】

息苦しいからといって、鼻先がマスクから出ていては効果減。また、マスクを下げてあごに掛ける人もいますが、あごについた花粉がマスクの内側に付着する可能性があるので、一度装着したら動かさないこと。

【マスクを外すとき外側に触る】

マスクを外すとき、マスクの外側に触ると、手を介して花粉があちこちに……。マスクを外すときは、外側に触らないように気をつけ、内側を外に向けて折り畳んで捨てましょう。触ったら手洗いも忘れずに。


環境省オススメ! インナーマスクでさらにガード

マスクの密着性を高めるテクニックとして話題なのが、環境省がすすめる「インナーマスク」。作り方も簡単なのでお試しを!

【用意するもの】

・縦横10㎝程度のガーゼ2枚

・化粧用コットン1枚 

・市販のマスク

1. コットンを丸めて1枚のガーゼで包む。


2. もう1枚のガーゼを四つ折りにして、1を載せる。


3. マスクの内側に2を載せ、1が鼻の下にくるようマスクを装着する。



顔にフィットしたマスク&インナーマスクで、花粉の侵入をシャットアウトしましょう!


22回の閲覧